愛はあるのだろうか...ブログ編

VOL-NEXT 代表取締役 曽我千春のブログです。ブログというより、ときどきエッセイかな。更新遅し!お許しを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

「仲間になったよ!」・・・ また新しい授業が始まる

今年も、あと数時間で終わろうとしています。
皆さんの2005年は、どんな一年だったでしょうか?
突然病気になって、何もかもが不安でいっぱいの年だったかもしれません。
いろいろな気づきや学びや出会いがあった年だったかもしれません。

私達は、今年はさらに、大勢の患者さんやご家族、医療者の方、企業の方、マスコミの方などとも大切な出会いをさせていただきました。いま、感謝しながら一年を振り返っています。
今年一年、VOL-NEXTのサービスをご利用いただき、また、私達と出会ってくださって、本当にありがとうございました。
私達は、皆さんとの出会いの中で、さまざまな瞬間に多くを学ばせていただきながら進んでいることを実感し、感謝することができます。

今年、私自身は、去年よりさらに寝る時間もないほど多忙な日々でしたが、この仕事を続けるということが、こんなにも大切に思え、覚悟もいり、常に、勉強させていただきながら、終わりのない挑戦が続くということを、身を持って知ることができました。「私は、生きている」と感じられる一年でした。

思い起こせば、私も、病気をして初めて迎えた年末は、心もからだもばらばらになっていて、
「なぜ、人は生きるのか、死ぬのか」、人生の意味を考え続けて苦しんでいました。

家族のいない私は、年末からお正月はかなり寂しいのですが、でも、一緒にとことん語り合うことができる親友がいます。病気後、カーテンも開けられないくらい孤独な日々を過ごしていた私に、「水道料金払っておこうか~」「気晴らしに、おいしいワイン飲まない~」などと声をかけてくれ、とにかくとにかく、私の話をひたすら聴いてくれる二人の親友がいました。私より15歳以上も年上のおばさんおじさんみたいな性別不詳の男性(私は彼をママと呼んでいます)と、私より5つ年下のアナウンサーです。彼女は、私がいた放送局に入ってきたとき、「あなたのニュースを聞いて入ってきました」と私にいってくれた人です。この3人組は、職場が同じだったことを除いては、年齢も、性格も、歩んできた道も違う、誰が見ても不思議な組合わせなのですが、私にとっては家族のような存在です。でも、いつもは、べったり一緒にいるわけではなく、かまいすぎることもなく(そういうのは、お互い性に合わないので)、それぞれが必要なときは、必ず傍にいて頷いていてくれる、そういう繋がり方の3人です。

私が、がんになったときは、治療方針も、人生の意味も、一緒に考えてくれました。二人の胸を借りて、自分の気持ちを整理させてもらいましたし、ヒントになる言葉をたくさん投げかけてくれました。
人生で、こんなに深く繋がることができる友人に出会えたことは、とても幸せなことだと思います。

そして、おととい、帰宅しようとしていた私のパソコンに
「お仲間になったよ」というタイトルのメールが届いたのです。その一人が、突然、食道がんの告知を受けていました。毎年、検査を受けていたはずなのに・・・。え!?そして、この押し迫った年の瀬、昨日から、放射線治療が始まり、この後、抗がん剤治療、手術と続きます。

私が、「3人の学び時間が、また始まったね」と言うと、
「生きてる限り、まだまだ修行は終わらせてもらえないな~」
と彼はいつもの穏やかな声で応えました。

もう一人の彼女は、夜中に、そのメールを読んで、私ががんになったときと同じぐらい動揺していると言いました。
「言葉が見つからない」と、メールに書くと、
それを受けて、彼は、
「言葉は要らないよ、おまえさんの思いはしっかり傍らにあるからさ」とレスしました。
どんなときも、どんな状況のときも、どこにいても、どんなに離れていても、お互いの投げかけ方は、変わらない!と言いました。

私達3人組の人生の、魂の授業がまた始まります。
彼の言葉が授業開始のチャイムのように私には聞こえていました。
必要がある限り、人生の授業は続きます。学生時代の授業と違って、さまざまな形でプログラムは組まれ、開始のチャイムが突然鳴る。そこで、どう、なにを学ぶのか、これが<生きる>という授業なのかもしれません。

大切な人ががんになったとき、なった本人とはまた少し違うところで、悩んだり悲しんだり苦しんだりするご家族やご友人の姿をこれまでも私は多く見てきました。傍にいて、話を聞かせていただきました。そして、これから私自身は、彼にどのように投げかけ、傍にいることができるのだろうと・・・思いながら、今年を締めくくろうとしています。
2006年もまた、濃いい日々になりそうな予感がしています。
  1. 2005/12/31(土) 21:57:54|
  2. 未分類|
  3. |

あなたの気持ちに、胸がつまって、眠れない!です。

「がん患者生活コーディネーター」養成講座・第1期乳がん編の募集をスタートして1週間、毎日、大勢の方から資料請求やお問合せをいただいています。ありがとうございます。

日本で初めての「がん患者生活コーディネーター」養成講座は、半年間13回(4時間ずつ)のプログラムで、セミオーダーのかつら一個分ほどの受講料です。
お一人お一人、さまざまな状況や事情の中で、考えをめぐらせながら、≪エイ、ヤー!≫と受講を決めてくださるのではないかと思います。その申込み用紙に、さらにもう一枚、「なぜ、この講座を受けようと思ったのか」という内容の手紙やメールがついてきます。電話もいただきます。

そのメールやFAX、手紙を読みふけっていて、曽我、今夜も終電に乗り遅れています。・・・胸がつまって、今、会社のデスク前で一人、涙をぼろぼろ流したりしています。この仕事は、ありがたい出会いの連続なんです。このように勇気をいただくのは、いつも私達の方なんですよ。感謝。

今日、午後一番に届いたFAXは、放射線治療中(今日で8回目)の方からでした。放射線治療後は、抗がん剤治療が半年続くそうですが、その時期に重ねて、この講座を受講されることになるようです。

===「いまだからできること」「私にできること」がここにあると感じ、申込みをいたしました。がん体験の新米で、自分のこれからを心配することが優先なのかもしれませんが、・・・まずは自分のためになり、家族のためになり、いつかきっと誰かのためになるはずです。・・・===

===私で、ついていけるのだろうかと、とても迷いました。もう、勉強して覚えられる年齢でもないし・・・。でも、やってみることにしました。いろいろな人とも出会いたいのです。===

挑戦に年齢は関係なく、シンプルに、やるか、やらないかではないでしょうか。「やるか、やらないか。」そのときの気持ちに素直になれば、どちらを選んでもいいのだと思います。この病気をして、私自身、どんな状況の中でも、さまざまな「学び」と「気づき」があることを知りました。学生時代の勉強とは大分ちがい、自分から学びたくなるから不思議ですね。22人の講師(医師、専門家、コーディネーター)は、ぜひ、皆さんに出会っていただきたい人ばかりです。実は、この講座になくてはならない方を、お一人お一人、主旨を説明しながら熱く口説きました(笑)。一方的なつまらない講義は、一つもありません。さまざまなスタイルで展開する今までにない講座になると思います。
また、受講される方たち同士も、お互いにすばらしい出会いがあるのではないでしょうか。

===私は、自分の胸の乳がんから目をそらしてきました。そして、病状が進みました。私のような経験は、もう、してほしくない。私が勉強して、伝えたいと思います。===
まっすぐに私の目を見て語ってくださったその方は、来月からふたたび抗がん剤治療がスタートする中での受講です。笑顔の向こうに見える真剣なまなざし、そのお気持ち、私も大切にしていきたいです。

===人前でしゃべるのも苦手な私ですが、病気で旅立った夫の意志をついで、受講させてもらいます。===
ご主人は、その方の生き方の中で生きておられますね。時間や空間を超えて、大切な人とは繋がっているのだと思います。愛しいですね。

===私が、自分の住んでいるエリアで、「がん患者サービスステーション」をやりたい!===
東京だけでなく、全国からのお問合せがあります。受講料に加え、交通費(場合によっては宿泊費)もかかります。大変なことです。それでも、岡山から、大阪から、東京以外のエリアの方も、お申込みいただいています。半年間の受講が難しいので、1期と2期をまたいで、1年計画で受講される方もいらっしゃいます。
全国で、がん患者生活コーディネーターが活躍し、患者さんの安心と笑顔を、どんどん増やしていくことができれば、これ以上のことはありません。そんな日を実現しましょう!遠方から受講を決めてくださった方達の力強い挑戦、感謝します。

===自分の仕事と組合わせて、新しい仕事をつくっていきたい===
メイクの勉強や料理の勉強をされている方、医療関係者の方、その他、さまざまなお仕事をされている方達がいらっしゃいます。専門、得意分野と組合わせて、新しい業態が生まれるかもしれません。私もわくわくします。そもそも私達の仕事自体が、何もないところからのスタートでした。信じて、考えて、実行すれば、道はつくっていけるのだと思います。
また、体験者の方だけでなく、体験者の傍らでサポートしてきたご家族やご友人の方にも受講申込みをしていただいています。

お一人お一人の尊い挑戦心を受け取って、曽我は、胸が熱くなり、寝る気が起きないぐらい仕事がしたい気持ちです。≪寝なさい!≫と突っ込まれそうですが・・・。受講者自身にとっても「自分らしい生き方」へと繋がっていくような講座になるように、私達は、丁寧に吟味を重ねながらプロデュースさせていただきます。
  1. 2005/12/20(火) 00:52:27|
  2. 未分類|
  3. |

風邪をひかないために

本格的に寒くなってきました。
皆さん、風邪をひいたりしていませんか?
今年は、<インフルエンザが猛威を振るう>らしいですが、
治療中の方は、特に気をつけたいですね。

私は、長い間、声を使うアナウンサーという仕事をしてきたので、
風邪をひくことは許されなかったんです。とくにフリーのアナウンサーは、声が出なくなると、仕事がなくなるかもしれないし・・・。まわりのしゃべり手さんたちにうつるとこれまた大変!
だから、私が出入りしていた放送局では、皆さん、とても気をつけていました。

今のがん患者生活サービスの仕事も、また、風邪ひきはNG!なんです。患者さんたちに風邪がうつったりしたら大変ですから。
社員が風邪をひくことに、私は、とても厳しくて(特に、風邪をひきやすい中村には)、自己管理を迫ります。

風邪をひきやすい方、
今シーズンは、ぜひ、次の3つを実践してみてください。

外出から帰ったときの
①うがい ②手洗い(ミューズで)
③お部屋の加湿(常に、湿度50%~60%を保つ)

特に、部屋の<湿度>には、十分注意してくださいね。
空気が乾燥し、部屋の湿度が下がると風邪菌が感染しやすいです。
家庭や職場で、一人でも風邪をひくと、たちまち全員に移ります。

温度計と湿度計が一緒になっているものを買ってきて部屋の壁にかけ、
いつも気にして、湿度を50%~60%に保ってみてください。
そのために、加湿器は必需品です。特にオフィスやマンションで暖房を使うとカラカラになるので、加湿器を、ぜひお試しください。
とてもステキな加湿器も出ていますよ(我が家の加湿器は、青いランプがついて、夜はキレイです)。

ちなみに、J-WAVEのスタジオの中では、番組ごとに加湿器を持っていましたし、アナウンサー仲間で、濡れマスクをして寝ている人もいました。病院の廊下で、濡れタオルをぶんぶん振り回しながら歩いている看護師さんを見かけたこともあります。
部屋に洗濯物や濡れタオルを干すだけでも湿度が違ってきます。
これからのシーズン、どうぞ、皆さんも<湿度>にはこだわってくださいませ。

さて、そろそろ、私は終電時間です。
今夜は、星がきれいに見えるかな。
帰宅時の夜空が、私はとても好きなのです。
いろいろなことがひらめくのは、だいたい、帰り道に空を見上げて歩いているとき。
同じ月や星を見ている人もいるかな~なんて思いながら帰ります。
  1. 2005/11/18(金) 00:15:58|
  2. 未分類|
  3. |

感謝でいっぱいです。

風が涼しくなってきました。
すこし窓を開けると、カーテンの間から秋の夜の空気が入りこんできます。
環七と246と世田谷通りに挟まれた、東京でもっとも空気の汚れていると思われるエリアにすんでいる私ですが、この秋の空気と小さく聞こえてくる虫の声は、やはり落ちつきます。

NHKの「ビジネス未来人」の放送後、再放送終了後、大勢の皆さまからご連絡をいただきました。
ありがとうございます。心より感謝いたします。

必要な方に一人でも多く、私達の仕事を知っていただき、
利用していただければ嬉しいです。

私たちは、皆さまに感謝しながら、姿勢をしゃきっと伸ばして、
お仕事をさせていただきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「NEXTER」や「がん患者生活コーディネーター」養成講座についてのお問合せも多くいただいております。生活コーディネーターの養成講座の募集は年末からスタートし、来年から講座開始の予定です。現在、内容などの吟味を重ねておりますので、もうしばらくお待ちください。準備ができ次第、ご案内させていただきます。いままでにない、今日から役立つ!実践的な講座になりますので、楽しみにしていてくださいね。

また、番組を見て、メールやお手紙をくださった皆さま、ありがとうございます。お返事が遅くなっている場合もございますが、一つ一つ、大切に読ませて頂いております。お一人お一人の生き様や気持ちが深く真っ直ぐに伝わってくるものが多く、私たちが学ばせていただくことばかりです。簡単にはお返事をお書きすることができませんが、大切に受けとめています。
  1. 2005/10/06(木) 23:54:56|
  2. 未分類|
  3. |

あなたに、心をこめて手渡したい一冊

今年も夏が走り去ろうとしています。
皆さん、どんな夏でしたか?
治療が真っ只中の方もいらっしゃるでしょう。

手術後、暑い中、毎日放射線治療に通っていた8月から
もう、だいぶん月日が経ったのに、
花火大会のぱっと開いて消えていく花火に
なぜか涙が止まらなかった夏から
もう、なんども夏を繰り返したのに、

夏後半の、ぬるい夜の風に、
乳がんになった初めの夏の気持ちを思い出してしまいます。

私は、今年の夏は、(春からですが)
本の制作に没頭していました。
昼間は、VOL-NEXTの通常の仕事があるので
本制作は夜の作業が多く、この年齢で、
こんなに徹夜ができるのかしらと思うぐらい貫徹を続けていました。
日野原先生も、いまも「徹夜は平気」とおっしゃっていますが・・・。

そんなこんなで、やっと完成した
「乳がん 安心!生活BOOK」は、
私達が、ボランティア時代から3年半の取材と実践を重ねて集めた
「患者として本当にほしかった生活情報」を本にしたものです。

乳がんの治療の本はたくさんありますが、乳がん患者の「生活」に焦点をあて、ここまで掘り下げた本はないと思います。

突然、乳がんと告げられた日から、いきなりがん患者になり、どうしたらいいかわからない!
手術後、1週間で退院させられるけれど
家でも、職場でも、がんと付合いながらの生活が待っている!
体験してはじめて、こんなにも、がんと付合いながら生きる生活の
ケアや情報がないんだと感じました。
切ったら終わりではないのです。むしろ、切ってからが、はじまり。

病気の部位だけでなく、病気と付合いながらいきる生活も含めてQOL(Quality Of Life=生活・命の質)は、考えられるものだと思います。

抗がん剤で脱毛すると教えてくれるドクターは9割いても
脱毛のケア(いつ頃抜けて、その後どうなって、かつらなどはどうすればいいか、毛はいつ頃生えてくか、頭皮のケアは、などなど)まで、具体的に教えてくれる医療者は、ほとんどいません。

ブラはいつからつけられる?、かつらの失敗しない選び方は?、食事はどうする?、主治医との関係がしっくりいかないときは?、心の揺れや浮き沈みはどうしたらいい?、浮腫になったりしないかしら?、リラックスできる方法は?、仕事や家事について、家族や友人との関係について、治療費や保険について、パートナーとの関係について、・・・生活の中に、がんという病気と付合う一人の人間の問題はたくさんあるのです。

どんな状態や状況のときも、少しでも安心できるように、最新の情報と体験者としての工夫をお伝えしたい。それも、できるだけ具体的に役に立つ形でお伝えするのが、少し前を歩き、この仕事をさせていただいている私達の役目だと感じてきました。

この3年半、
かつらメーカーや下着メーカーを1軒1軒、足で廻って、
かつらや下着、帽子なども、ひとつひとつ試して、
たとえば、抗がん剤で抜けた眉毛を簡単で美しく描く方法は、社員全員で、おでこに何本も眉を描き、メイクさんにも指導を受けながら試しました。
取り上げたすべての項目で、ひとつひとつ実践し、検証してきました。

吟味を重ね、大勢の体験者の方の知恵と専門家のお力もお借りしながら、この本が完成しました。大勢の皆さんとともにこの本が形になりました。心から感謝します。

そして、このBOOKを、あなたに、心をこめて手渡したいです。
あなたの傍らで、ぼろぼろになるまで使っていただきたいです。

さらに、患者さんはもちろんですが、医療者の方にも、ぜひ、手にしていただいて、患者が生活の中でどんな問題に直面し、どんな具体的なケア、工夫、情報が必要なのかを見ていただければうれしいです。

この本を通して、
全国の乳がん患者さんに、熱いエールを送り続けたいと思います。
  1. 2005/08/21(日) 23:36:40|
  2. 未分類|
  3. |
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。