愛はあるのだろうか...ブログ編

VOL-NEXT 代表取締役 曽我千春のブログです。ブログというより、ときどきエッセイかな。更新遅し!お許しを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

あなたの気持ちに、胸がつまって、眠れない!です。

「がん患者生活コーディネーター」養成講座・第1期乳がん編の募集をスタートして1週間、毎日、大勢の方から資料請求やお問合せをいただいています。ありがとうございます。

日本で初めての「がん患者生活コーディネーター」養成講座は、半年間13回(4時間ずつ)のプログラムで、セミオーダーのかつら一個分ほどの受講料です。
お一人お一人、さまざまな状況や事情の中で、考えをめぐらせながら、≪エイ、ヤー!≫と受講を決めてくださるのではないかと思います。その申込み用紙に、さらにもう一枚、「なぜ、この講座を受けようと思ったのか」という内容の手紙やメールがついてきます。電話もいただきます。

そのメールやFAX、手紙を読みふけっていて、曽我、今夜も終電に乗り遅れています。・・・胸がつまって、今、会社のデスク前で一人、涙をぼろぼろ流したりしています。この仕事は、ありがたい出会いの連続なんです。このように勇気をいただくのは、いつも私達の方なんですよ。感謝。

今日、午後一番に届いたFAXは、放射線治療中(今日で8回目)の方からでした。放射線治療後は、抗がん剤治療が半年続くそうですが、その時期に重ねて、この講座を受講されることになるようです。

===「いまだからできること」「私にできること」がここにあると感じ、申込みをいたしました。がん体験の新米で、自分のこれからを心配することが優先なのかもしれませんが、・・・まずは自分のためになり、家族のためになり、いつかきっと誰かのためになるはずです。・・・===

===私で、ついていけるのだろうかと、とても迷いました。もう、勉強して覚えられる年齢でもないし・・・。でも、やってみることにしました。いろいろな人とも出会いたいのです。===

挑戦に年齢は関係なく、シンプルに、やるか、やらないかではないでしょうか。「やるか、やらないか。」そのときの気持ちに素直になれば、どちらを選んでもいいのだと思います。この病気をして、私自身、どんな状況の中でも、さまざまな「学び」と「気づき」があることを知りました。学生時代の勉強とは大分ちがい、自分から学びたくなるから不思議ですね。22人の講師(医師、専門家、コーディネーター)は、ぜひ、皆さんに出会っていただきたい人ばかりです。実は、この講座になくてはならない方を、お一人お一人、主旨を説明しながら熱く口説きました(笑)。一方的なつまらない講義は、一つもありません。さまざまなスタイルで展開する今までにない講座になると思います。
また、受講される方たち同士も、お互いにすばらしい出会いがあるのではないでしょうか。

===私は、自分の胸の乳がんから目をそらしてきました。そして、病状が進みました。私のような経験は、もう、してほしくない。私が勉強して、伝えたいと思います。===
まっすぐに私の目を見て語ってくださったその方は、来月からふたたび抗がん剤治療がスタートする中での受講です。笑顔の向こうに見える真剣なまなざし、そのお気持ち、私も大切にしていきたいです。

===人前でしゃべるのも苦手な私ですが、病気で旅立った夫の意志をついで、受講させてもらいます。===
ご主人は、その方の生き方の中で生きておられますね。時間や空間を超えて、大切な人とは繋がっているのだと思います。愛しいですね。

===私が、自分の住んでいるエリアで、「がん患者サービスステーション」をやりたい!===
東京だけでなく、全国からのお問合せがあります。受講料に加え、交通費(場合によっては宿泊費)もかかります。大変なことです。それでも、岡山から、大阪から、東京以外のエリアの方も、お申込みいただいています。半年間の受講が難しいので、1期と2期をまたいで、1年計画で受講される方もいらっしゃいます。
全国で、がん患者生活コーディネーターが活躍し、患者さんの安心と笑顔を、どんどん増やしていくことができれば、これ以上のことはありません。そんな日を実現しましょう!遠方から受講を決めてくださった方達の力強い挑戦、感謝します。

===自分の仕事と組合わせて、新しい仕事をつくっていきたい===
メイクの勉強や料理の勉強をされている方、医療関係者の方、その他、さまざまなお仕事をされている方達がいらっしゃいます。専門、得意分野と組合わせて、新しい業態が生まれるかもしれません。私もわくわくします。そもそも私達の仕事自体が、何もないところからのスタートでした。信じて、考えて、実行すれば、道はつくっていけるのだと思います。
また、体験者の方だけでなく、体験者の傍らでサポートしてきたご家族やご友人の方にも受講申込みをしていただいています。

お一人お一人の尊い挑戦心を受け取って、曽我は、胸が熱くなり、寝る気が起きないぐらい仕事がしたい気持ちです。≪寝なさい!≫と突っ込まれそうですが・・・。受講者自身にとっても「自分らしい生き方」へと繋がっていくような講座になるように、私達は、丁寧に吟味を重ねながらプロデュースさせていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/20(火) 00:52:27|
  2. 未分類|
  3. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。