愛はあるのだろうか...ブログ編

VOL-NEXT 代表取締役 曽我千春のブログです。ブログというより、ときどきエッセイかな。更新遅し!お許しを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

QOLを考えながら

2008年、あっという間に20日が過ぎました。
皆さま、どのようにお過ごしでしょうか。なんだか、ここのところ、寒いですね。
私は、ホルモン療法を終了してから、また、手足の冷えが復活!、腰にカイロを貼り付けて出社する毎日です。おばばちゃんです。

ブログを一年も書かず、書けず-ごめんなさい。曽我、ブログを書く程の人間ではない!とつくづく思っております。言い訳をすると、毎日を余裕なく働いております。かなりハードに働いております。そして、もともと、筆無精、無器用、力不足の私は、ブログの更新を気にしながらも、ここまで来ました。気が付けば、一年書いてないじゃん!だめじゃん!そろそろこのブログも引き上げたほうがいいのでは・・・と、考えている今日この頃です。

そんな、身勝手な私が、この一年について、少しだけ報告をいたします。
昨年3月に42歳、うお座A型、八白土星、大殺界(細木数子先生、すみません。大殺界でも、なんでも、こうなったら、もう、ただ切々と生きて)になり、またこの3月で、さらに齢を重ねます。ありがたいことに、33歳で乳がんという病気を告知され、ここまで生かされました。それだけで十分なのですが、このブログを書けなかった一年にも、大切な出会いと別れをさせてもらいました。

2年前の年末にこのブログにも書きましたが、私ががんになって心の整理がつかなかったとき、傍にいて、話をひたすら聴いてくれた親友が食道がんで旅立ちました。家族がいなかった私にとっては、その友人の存在は、(宗教はありませんが・・・)ソウルメートと言える、とても大切なものでした。私への最後の言葉は、メールで、「もう、はるお(私)には、全部伝えてあるから」でした。先に逝かないでよ、と、一瞬は思ったのですが、確かに、私の生き方の中にさまざまなことを残し、また、私だけでなく大勢の人の中にさまざまなものを生まれさせ、生き抜き、じゃあね、といって行ったように思います。旅立ったとか、お別れとかとは違って、いつも、私の生き方の中に、たしかに生きていると感じます。

人生とは、誠不思議なもので、別れがあれば出会いもあります。この前に、ブログを書いた一年前の年末には想像も付かなかったのですが、私は、昨年の秋、二度とないと思っていた家族を持つことになりました。自分でも、驚きました。20年前、学生時代の卒業旅行?で、短期留学をした40日間に出会った人とたまたま再会し、新たに一緒に歩き始めました。このお正月は、十数年ぶりに一人ではなく、家族と過ごすお正月でした。なんだか、慣れないなーと思いながらも、だれかとおもちを食べながら、お笑い番組を見たり、大学駅伝を応援したりすることが、こんなにも幸せなことだと・・・感謝しました。

しかーし、どんなに愛した人でも、一緒に手をつないで死ぬことはできないのです。まったく気持ちをわかりあえるわけでもないのです。なぜなら、それは、同じ人間ではないので、本当のところはわからないし、全く同じ気持ちにはなれないでしょう。お互い「違う」ということをわかった上で、向き合ったり、寄り添ったり、離れたりしながら、ほんの一瞬のささいなことに、「ありがとう」とか、「うれしいー」とか、「あなたがいてくれてよかった」とかって思えるかどうかなんだろうな~なんて思います。

夫婦だけでなく、同じがん患者でも、一人一人違うわけで、「違う」ということから始まる。「同じだ」と思いたいのですが・・・、本当に同じであってほしいのですが、そうではない。「違う」ということに気づけたとき、はじめて相手に静かにやさしいまなざしを送れるようになるのかもしれません。

実は、今夜は、パートナーと大喧嘩して、それも、外食中に、QOL(生活・生命の質)についての話でバトり、私は会社に戻り、パートナーは自宅に戻り、私はこのメールを書いている次第です。どうなることやら・・・、人生は想像もつかないことの連続。そんな中で、一人一人のQOLとは、どういうことなのでしょう。真剣に考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/21(月) 00:04:35|
  2. 未分類|
  3. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。