愛はあるのだろうか...ブログ編

VOL-NEXT 代表取締役 曽我千春のブログです。ブログというより、ときどきエッセイかな。更新遅し!お許しを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

TRAIN TRAIN

ブログでは、ご無沙汰しすぎて、皆さんにご心配をおかけしております。
メールをくださった皆さん、ありがとうございます。

曽我、休みなく、寝る暇なく、働いております。
がん患者さんには、「絶対にまねをしないでください」と
申し上げなければならない生活っぷりですが、
私の場合、仕事をしていないと元気がでないので、
大目に見てやってくださいますように・・・。

がん患者さんの生活をサポートし、笑顔になっていただく
仕事は、どんなに熱い気持ちがあっても、
「気持ち」だけではできない、と、最近ますます感じております。
弊社も3期目に入り、3千数百人の患者さんに
ご利用いただく中で、さらなる責任を感じつつ
眠れないほど、お仕事したい気持ちです。

先週の土曜日で、今年1月からスタートした
第一期「がん患者生活コーディネーター」養成講座(乳がん編)が
終わりました。全国から、さまざまな思いと意志をもった
受講者の皆さん(患者さん、医療者、ご家族・ご友人)が
参加してくださり、
講師の先生方も、熱意を持って、丁寧に応えてくださり、
講座は、私達が想像していたものをはるかに超える、
深く、濃く、たいへんおもしろいものになりました。
手前みそではありますが、他のどこにもない実践的講座だと
思います。
受講者の皆さんが、これから、全国で、さまざまな形で活躍されると
思いますので、どうぞ、期待していてください。
弊社も、3年後、がん患者サービスステーションTODAY!の
全国展開を目指して人材とシステムを整えております。

そして、もし、あなたが、
「患者さんを笑顔にするお仕事をしてみたい」と思われるなら、
ぜひ、ぜひ、
「がん患者生活コーディネーター養成講座」第二期に
ご参加ください。講座費用は、安くはありませんが、
すばらしい出会いと学びをお約束します。
ただいま、第二期の受講者を募集しております。

どんなことでも、
1から2をつくるのではなく、0から1をつくるのは、
半端じゃなく大変なことです。
挑戦に次ぐ挑戦、学びに次ぐ学びです。
私の場合、なれない経営者という役もあって、
寝る暇もありません。はじめて、商売の失敗のために
離ればなれにはなってしまった私の両親の
「お客さんの笑顔と喜びのために」の姿勢を
理解できるように思います(時間がかかってしまいましたが・・・。)

こうして必死にできることがあることは、
生きていることのすばらしさを、やはり感じずにはいられません。

昨日は、6月はじめてのお休みを取りました。
たまっていた洗濯をし、部屋の掃除をし、髪を切り・・・
その間、頭の中に流れ続けた曲は、
なつかしい!ブルーハーツの「TRAIN TRAIN」。

「♪栄光に向かって走るあの列車に乗って行こう
 はだしのままで飛び出して・・・・・・
世界中に定められたどんな記念日なんかより、
あなたが生きている今日は、なんてすばらしいんだろう・・・」

私が、もう、15年以上も前、北海道放送(HBC)を退社するとき、
当時のアナウンス部長に、
「もう一度、東京のスクランブル交差点を、
早歩きをしたくなったんです。0からはじめさせてください」と
青い言葉(若かった!)を発してしまったことがあるのですが、
部長は、ひどく驚きはしたものの、その後、私の送別会で、

「いろいろ考えたけれど、君にエールを送ろうと思う。
歌ったことないけれど、
練習してきたから歌ってみるよ。君の好きな歌を」
といって、カラオケで歌ってくれた曲、
それが、「TRAIN TRAIN」でした。
部長はどうしていらっしゃるでしょうか。

私は、大勢の方の愛の中に生かされてきました。
よーし、がんばろう!って、目標を見据えて走り続けられるのは、
皆さんにエールをもらい続けているからだと思います。

こんな幸せを感謝しつつ、感謝しつつ・・・
今夜も終電で帰宅します。
おつかれさまでした。
そして、皆さん、今日も、ありがとう。

ターバン曽我

(TODAY’sターバンをかぶってみました。
脱毛中は、眉まで隠れるくらいに深くかぶってくださいねっ。)
スポンサーサイト
  1. 2006/06/26(月) 23:56:50|
  2. 未分類|
  3. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。